歯周病という歯の病気はたいへん恐ろしい病気です。
歯周病菌という口腔内に棲む細菌の侵攻でもたらされる病気ですが、静かに侵攻し、最終的に歯茎を支えている骨を溶かしてしまいます。
そうすると、抜歯処理し、入れ歯などに頼らざるを得なくなるのです。

この病気の原因となる細菌を完全に除去するのは困難とされています。
そこで、予防に力を入れなければならなくなります。
予防の第一となるのは毎日の歯磨きです。
丁寧な歯磨きこそが予防の第一、第二は保険適用内の歯の定期検診です。
細菌に冒されている箇所がないか、歯周病の前段階のプラークができていないかチェックしてもらい、歯石がついていればスケーラーを用いて除去してもらいます。

歯周病とは

歯を磨く男性

歯周病という病気は、だれもが知っている病気ではあります。
歯茎が腫れたり歯がぐらつくような病気であることは一般的にはよく知られていますが、自分には関係のない病気であると思っている人がかなりいるようです。
しかし、日本人の多くはこの病気に多少はかかっているとされています。
海外では、歯の定期検診を受けるのが常識化している国もあり、そんな国では定期検診の際に歯石を除去してもらったりして歯のケアをしているので、歯周病にかかっている人は少ないのです。
つまり、日本人で歯茎が腫れて膿が出たり、歯がぐらついているという人は、歯周病がかなり悪化してしまっている人なのです。
歯周病は、悪化してしまうまでは痛みもなく見た目もそう変わりがないので、自分で気づくことはほぼありません。
虫歯の治療の際に、歯医者に指摘されてはじめて気づくといったところなのです。

歯周病はなかなか気づかない

学校に通っていた頃は、校内で歯の定期検診が受けられました。
でも、社会人になってからは、歯の定期検診まではなかなか受ける機会がありません。
虫歯治療の際に、歯医者によって歯周病を見つけてもらうのはまだ良いほうです。
気づかないまま進行してしまい、気づいたときには抜歯するしかなくなっていたというケースがかなりあるのです。

歯周病の原因

歯周病にかかり、それを進行させてしまう一番の原因は、毎日の歯磨きの方法にあるという指摘があります。
歯の隙間などを丁寧に時間をかけて磨いていないのが原因になっているということです。
歯の隙間に残ったままになっている歯垢などで歯周病菌が増殖しているのです。
歯磨きを丁寧にすれば、歯も引き締まって歯周病菌が入る隙間もなくなります。
ところがいい加減な歯磨きだと、歯の間に溝ができて、そこに歯周病菌が入ってしまうのです。
そして、溝が広がって歯周ポケットができて、その周辺に炎症を起こさせたりするようになります。
歯周ポケットには歯垢をはじめいろいろなものが溜まり、歯周病菌が繁殖しやすい歯石プラークと呼ばれるものを作るようになります。
そして、歯周病菌が活発に活動し、歯茎を支える骨までも溶かし、歯を抜かなければならないような状態に追い込んでしまうのです。

歯石は歯医者で専用の器具を使わないと除去できない

歯石治療をする歯科医

歯周病治療を専門としている歯医者は、この病気について予防の大切さを強調します。
そして、その予防として、口腔の環境を整えることと、すでについてしまっている細菌の除去を徹底させています。

歯周病菌はこの病気の原因となるばかりでなく、口臭のもとになったり、虫歯を作りだしたりと、さまざまな口腔の問題を作り出します。
もともと、口の中にはさまざまな細菌がいて、この病原菌もその一つなのですが、口腔内が清潔に保たれている限りは、細菌も活動することはありません。
そこで歯医者は、歯のトラブル防止のためにも、まず口腔内を清潔に保つよう、環境作りを大切にするのです。
歯医者は、まず患者さんに対して、この病気の予防として、歯磨きの大切さを指導します。
正しい磨き方をアドバイスして、歯周病菌の潜みやすい虫歯の詰め物の部分を洗浄したりします。
また、このときに欠かさないのが歯石の除去です。
もちろんプラーク状になっていれば丁寧に取り除きます。
このとき、歯科医師はハンドスケーラーと超音波スケーラーという専門器具を巧みに駆使して除去を行います。

口内環境を定期検診時に改善

歯科医師は、定期検診の受診も治療患者に呼びかけています。
定期検診時に歯石の除去を徹底させれば、歯周病の予防になるからです。
この作業について、患者側は歯石を除去して歯をつるつるの状態にしてくれる作業と考えているかもしれませんが、それは本来の目的ではありません。
本来の目的は、歯周病の直接の原因となる歯石の除去で口内環境を良くすることです。

また、すでに棲みついている歯周病菌に対しては、徹底的な駆除も行います。
いずれも保険適用の範囲内で行ってもらえるので、虫歯治療がなくても足繁く通うようにしましょう。
虫歯予防や口臭防止なども兼ねて、口腔衛生全般のためと考えれば、気軽に通えるはずです。

歯石除去の手順

歯石やプラークを取り除く作業は、まずスケーラーを使用してのクリーニングという作業ではじまります。
しかし、これらの除去だけでは済まない場合は、歯肉を切り開いて歯周ポケットを露な状態にして治療が行われます。
完全に歯周病菌を除去するために、ここまで行われるのです。

その先では、今度はSRPという歯茎の中に潜んでいる歯周病菌の除去という高度な治療が行われます。
SRP治療は、ほぼ手探りで行われるもので、歯医者もたいへん熟練した技術を持っていなければなりません。
手間も時間もかかるものです。
この治療のあとは、歯周ポケットを浅くして、歯周病菌がつかないようにして終了です。
ただ、この段階で歯茎を支える骨まで溶けているようなら、続いてその骨を再生させるような治療も行われます。

歯周病は何よりも予防が肝心

しかし、歯周病にならないようにするには、結局は予防が大切なのです。
丁寧な歯磨き励行と定期的なクリーニングの実施ということに尽きます。
歯周病菌が活動する隙を与えないのが最善の方法といえます。
予防のために港北区の歯医者に通院することをオススメします。
港北区とは東京のあの港区とはまた別です。
神奈川は横浜市にある、観光名所が多く立ち並ぶ場所で有名で、実は通院に適した環境にあるのです。
仕事帰りにも休日にも通いやすいのでぜひ活用してみましょう。