歯並びが良いと見た目がよくなりますが、虫歯や歯周病のリスクを下げることもできます。
歯並びが悪くなる原因として、先天的なものと、後天的なもの、いわゆる癖や習慣によって歯並びが悪くなったものに分かれます。

先天的なものとしては反対咬合です。
反対咬合は遺伝と言われています。
祖先の方や親族に反対咬合の方がいると反対咬合のリスクが高くなります。
また、あごの大きさや歯の大きさも遺伝するので、両親のあごが細い場合は、あごが細くなりやすいので歯が生えるスペースがなくなり、叢生といわれるガタガタの歯になりやすくなってしまいます。

後天的なものとしては、まず、指しゃぶりが考えられます。
赤ちゃんの指しゃぶりは精神安定の面で必要なことがありますが、大きくなっても指しゃぶりを続けていると、開咬と言われる上下の前歯に隙間ができる状態になり、前歯で物が噛み切れなかったり、発音が悪くなります。
歯並びは矯正治療で治せますが、この開咬の治療はとても難しく、外科的な治療が必要になってくることがあります。

癖も歯並びが悪くなる原因の一つです。
指しゃぶりもそうですが、タオルを噛んだり、唇を噛んだり、舌癖も歯並びを悪くする原因になってきます。
また、子供のころに片方のみよく頬杖をつくと顔に歪みが出てきやすくなります。

歯並びが悪い状態のリスクとしては、歯並びが悪いと、自分できれいに磨くことが難しくなるのでどうしても磨き残しが出来てしまいます。
磨き残しがあると虫歯や歯周病になりやすくなります。
上顎前突と言われる出っ歯の場合は、自然にしていても口が閉じず、口呼吸になりやすいので、口の中が乾燥し、虫歯菌や歯周病菌が繁殖して虫歯や歯周病になりやすくなります。

噛み合わせにも影響が出てきます。
一部分でしか噛めないと一部分の歯に負担がかかり、咬合性外傷と言って歯を支えている骨が悪くなりやすくなります。
よく噛めないので早食いにになり、胃腸に負担がかかるとともに太りやすくなるとも言われています。
全体的に均等に噛んで噛む力を分散させた方が全体的に長持ちします。
歯並びが悪くなると、見た目を気にして笑えなくなってしまうので精神的にも良くありません。

歯並びについて悩んでいるのであれば、一度矯正歯科で相談してみましょう。
お子様の場合は、ブラケットという貼り付け式の装置をいきなりつけるのではなく、あごの成長を促す装置をつけたりします。
反対咬合の場合は大人の歯が生えていなくても早めに相談しましょう。