歯科医院では、虫歯で歯を削ったり、抜歯をする際に痛みを感じないように麻酔を行います。
歯周病で、歯茎の中まで歯石が入り込んでしまったときにも、麻酔をしてから治療を行います。
歯科ではこのようによく麻酔を使うのですが、治療後にはいくつかの注意点があります。

まず、麻酔は3種類に分けることができます。
歯茎に塗ってしびれさせる簡単なものと、注射を使って歯を削っても痛くないようにするもの、そして神経の根元に注射をすることで、親知らずなどの抜歯にも耐えられるようにするものです。
塗り薬はすぐに効果が切れますが、注射を使う場合、歯を削るタイプで2~3時間、親知らずの抜歯では6時間以上効果が持続します。

麻酔がきいている間というのは、当然感覚がありません。
効果が無くなるまでは、食事は避けた方がいいでしょう。
食事をすると、間違ってほっぺたを噛んでしまったり、舌を噛んでも痛みがないために、後から腫れてしまうということが起こります。
飲み物は問題ありませんが、熱いものを飲むとやけどをしてしまうこともあるので、温度には注意しましょう。
おなかが減ってしまった時は、麻酔をしていない方で噛むようにするといいでしょう。

また、歯科医院で麻酔をしてから、感覚がないことに違和感を感じることもあります。
手で触ると雑菌が入るので止めましょう。
子供の場合は特にその傾向があり、触るだけでなくくちびるをわざと噛むこともあります。
麻酔をしてからはしばらく注意してみてあげましょう。

そして、注意点として、治療後はしばらく運動を避けましょう。
運動をしてしまうと、血行が良くなり、出血することがあるからです。
同様に、アルコールを飲んだり、入浴も血液の流れが良くなるので避けた方がいいでしょう。
お風呂はシャワー程度にして、湯船に長時間つかることのないようにします。

麻酔が切れる時や、切れた後は、しばらく注射をしたところがかゆく感じたり、痛むことがあります。
この時に、指で押したり、かいたりしないように気を付けましょう。
傷になってしまうと、そこから感染を起こしてしまうことがあります。
粘膜というのは、皮膚よりも傷つきやすいため、自分では力を入れていないつもりでも、簡単に傷ついてしまいます。

歯科医院でも、麻酔をした後には注意点を伝えます。
けれども、緊張していたりして、説明が頭に入っていないこともあります。
ゆっくりと落ち着いて説明を聞くようにしましょう。