人は誰しも、自分の顔が他人にどう見えているか気になるものです。
目鼻立ちや髪型などと共に、歯並びが顔の印象に与える影響は小さくありません。
自分の歯並びの悪さにコンプレックスを感じている人も多く、近年では子供のうちに矯正歯科で歯列矯正を受けさせる親も多くなっています。
歯列矯正は歯の噛み合わせを通して全身の骨格にも影響を及ぼし得る治療であるため、適切な方法でゆっくりと歯並びを改善していく必要があります。
それでは、実際に矯正歯科ではどのような方法で歯列矯正が行われているのでしょうか。

歯列矯正の方法は、まず対象が子供(小児矯正)の場合と大人(成人矯正)の場合で異なってきます。
小児矯正の場合、まず顎の骨を十分に広くしたり歯とのバランスを調整する骨格矯正(1期矯正)というステップを経るのが特徴です。
永久歯が生えそろった後、ワイヤーを取り付けるワイヤー・ブラケット方式などで徐々に歯並びを整えていきます(2期矯正)。
代表的なものは歯の表側にワイヤーをつける方法ですが、歯の裏側にワイヤーをつけて外から目立たなくする方法もあります。
子供のいじめを心配する親御さんたちにも、この裏側ワイヤーが選ばれています。

成人矯正の場合、子供とは異なり顎の骨格の矯正が困難であるため、ワイヤー等で軽度の矯正ができない場合などは、抜歯によって歯を並べるスペースを作る必要が生じるケースがあります。
それでも最近は多彩な矯正方法が登場してきており、年齢を問わず歯列矯正が受けられるようになってきています。
ワイヤーを使った方法に加えて、取り外しのできるマウスピースを使った「インビザライン」と呼ばれる方法も近年注目されています。
これは透明のマウスピースを用いるため目立ちにくく、また取り外しができるため食事や歯磨きも簡単とあって、広く支持を集めています。

上記の方法はいずれも、長い治療期間でじっくりと歯列矯正をする方法です。
矯正歯科ではそれに加えて、短期間で歯並びを整える補綴矯正という治療も行なっています。
これは並びの悪い歯を削り、その上にセラミックの人工歯をかぶせたり貼り付けたりする方法で、厳密には「矯正」ではありませんが、短期間で綺麗な歯並びを手に入れたい人に選ばれています。

以上のように矯正歯科では多彩な方法で歯列矯正の治療が行われており、新しい治療法も登場してきています。
費用や目的などに応じて、自分にぴったりの治療方法を歯科医と相談して選びたいですね。